「生活と芸術 - アーツ & クラフト展」ウィリアム・モリスから民芸まで

画像画像

 R工房のドールハウス「モリスの家」とは関係ないタイトル? と思われそうですが、「モリスの家」を作るきっかけとなった大好きなウィリアム・モリスの美術展がちょうどこの秋9月13日から11月9日まで京都市にある京都国立近代美術館で開催されていたので行ってきました。


画像「生活と芸術 - アーツ & クラフト展」
 ウィリアム・モリスから民芸まで

19世紀後半にイギリスで興ったデザイン運動「アーツ&クラフト」の広がりを、ウィリアム・モリスを中心とするイギリス、ウィーン工房がひときわ輝いたヨーロッパ、そして民芸運動が花開いた日本での美しい作品からたどります。(PRポスターより)


画像 モリス展は1997年に訪れた「モダンデザインの父 ウィリアム・モリス展」以来なので、とても楽しみに出かけました。京都国立近代美術館は2006年のフンデルトヴァッサー展に来たことが一回あります。京都市左京区の岡崎公園内にあるモダンな外観の美術館です。外の窓口で当日券1,300円のところ、JAF割引で1,000円! 入場する前からしあわせな気分です。


画像 展は「1部 イギリス(118点)」「2部 ヨーロッパ(45点)」「3部 日本(119点)」という3部構成でモリスのみの展示ではないのですが、最初の展示室に入ったとたん圧倒される大きさのモリスのタペストリーが出迎えてくれました。モリスの作品はほとんどがイギリスのヴィクトリア&アルバート(以下V&A)美術館所蔵のもので1997年のモリス展の出展と重なることが多い中、この有名なタペストリー「森」は初めて実物を見られて感動です。縦121.9×横452cmという大作です。


画像 続く大きな展示室にはR工房が前の展でも感動したエドワード・バーン=ジョーンズ作の「貴婦人と動物のサイドボード」(右)、これも有名なタペストリー「果樹園 あるいは 四季」(縦221×横472cm) (左)の他ステンドグラス・椅子・食器・タイル・刺繍壁掛け・内装用ファブリック・壁紙見本・装飾本などモリスファン必見の作品が並びます。部屋の一角には「ケルムスコットマナー」の窓辺と暖炉を配した部屋の再現コーナーがありましたが、もう少し壁紙などに凝ってほしかったです(白壁だったので)。
画像 1部・2部ともモリス作品以外にも「アーツ&クラフト」の運動につながる様々な工芸品が鑑賞でき、3部では日本の柳 宗悦らに建造された「三国荘」の再現展示がすてきでした。あっという間に時間がたってしまい、最後にまたモリス作品を見納めに行ったのは言うまでもありません。いつかロンドンのV&A美術館でまた出会えることを強く願いつつ、名残惜しく展示室を後にしました。


画像 さて次の楽しみは、ミュージアムショップです。1階受付横にあるショップは、予想通りウィリアム・モリスの品々がいっぱい・・なのですが、これも予想通りとてもお値段が高いです。いつもより増設された売り場に所狭しと並ぶモリスグッズの中選んだのは、図録(2,400円)・カレンダー(1,500円)とポストカード(150円)が4枚、計4,500円。画像今回いちばん心惹かれたのはモリスの壁紙デザインに彩られたホーロー製のじょうろですが、なんと7,000円・・美術展で鑑賞する工芸品の域に入っています。
 ポストカードの次に安い「しおり(200円)」は自分でも作れそうなのでパス。ノートやモリスの関連書籍にもかなり惹かれましたが、この後もう少し京都の町を歩く予定だったので荷物が重くなるのを言い訳にパス。でもカレンダーはとてもお得だったと思います。


 早く見に行きたいと思いつつ結局会期終了一週間前になってぎりぎりで京都まで行ってきましたが、その甲斐はじゅうぶんありました。タペストリーも家具も実物を目の前にすると、この作品の横に実際にウィリアム・モリスが立って、あれこれデザインを考えたり仕上がりをチェックしていたのだろうかと思うと感無量です。9日までの展覧会ですが、お近くにいてまだ行かずに迷ってらっしゃる方はぜひおすすめです。モリスはじめ「アーツ&クラフト」の世界をたっぷり堪能できます。


「モリスの家」でミニチュアにした元の作品・デザインの出品リスト

 「スターフラワー」お皿・・1F食堂の天井
 「蓮」刺繍壁掛け・・3F こども部屋のじゅうたん
 「グラナダ」内装用ファブリック・・2F 寝室の壁紙
 「詩の本」装飾本・・1F 食堂の額
 「プロテウスの恋愛叙情詩と歌」装飾本・・3F 書斎のミニチュア本
 「狐のレナードの物語」装飾本・・3F 書斎のミニチュア本
 「輝く平原の物語」装飾本・・3F 書斎のミニチュア本



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント